ハワイ現地の食を知ってみよう
日系人が多いハワイではお米を使った料理がたくさん存在します。
日本人の口に合う料理が多いことから
近年日本でもハワイ料理の進出が盛んです。
ハワイ現地の食に触れて
次に流行るグルメを先取りしよう。

お問い合わせはこちら

ノースショア

ハワイのローカルフードを楽しんでみませんか?

はじめに

せっかくハワイに旅行に行くのならできるかぎり日本では食べることができないようなハワイのローカルフードを食べてみたいと思いますよね。

とはいうものの、事前に調べていかないとどこで何が食べられるのかもあまりわからず、無難にそこらへんにある何の特徴もないバーガーショップに入ってしまったなんて経験がある人もいるのではないでしょうか。

現地に行ってからお店を行き当たりばったりで見つけるのも楽しいですがある程度情報は収集しておくとスムーズに食事を旅行先で楽しむことができるのではないでしょうか。

日本人好みのハワイローカルフード

ハワイのローカルフードは以外と日本人の口に合うものが多いんです。

調味料に醤油を使っていたりするものもあって何となく日本人好みの料理があるんです。

ハワイのローカルフードで認知度がかなりあるのは、ロコモコでしょう。

このロコモコも日本でハワイ料理としてお店で販売されていたりするので知っている人はかなりいるはずです。

ですが、日本で販売されているロコモコは日本人好みに味が変わっているせいか、ハワイで本場のロコモコを食べると何かが違うと思ったりする人もいるようです。

ノースショア名物フリフリチキン

とにかく、ハワイに訪れたら試してもらいたいのがフリフリチキンです。

ハワイのオアフ島のノースショア名物となっています。

このフリフリチキンは、醤油とその他調味料を混ぜたフリフリソースというソースにチキンを漬け込んでそのチキンを骨付きのまま炭火で開店させながら焼く、というものです。

ハワイではローカルの人に愛されている食べ物の一つです。

このフリフリチキンはいつでも食べることができるわけではありません。

ノースショアで毎週土曜と日曜だけ食べることができると言われているものです。

有名なのは、ロイズ・キアヴェ・ブロイルド・チキンで、住所は66-19 Kamehameha Hwy. Haleiwaです。

アラマ・マーケット駐車場内で朝8時からチキンの炭火焼きが行われています。

曜日限定ともなるとますます試してみたくなりますよね。

ローカルフードを楽しむ

ローカルフードをレストランで楽しむのもいいでしょう。

ですが、ここはハワイに訪れるのなら一度はノースショアに行って実際にフリフリチキンが焼かれている所を見るのもいいのではないでしょうか。

ハワイの雰囲気を感じるという意味ではかなりオススメです。

ちなみにこのフリフリチキンを販売している場所では飲食スペースがないため、多くの人がレンタカーで食べたりそこらへんの石に座って食べたり、と様々です。

フリフリチキンを持ってビーチに行く人もいるでしょう。

それがまたハワイのローカルフードを楽しむことにもなるのかもしれません。

まとめ

高級レストランでのサービスの行き届いた食事も楽しみの一つです。

ですが、たまにはこういったローカルフードを購入して地元の人のように食べて楽しむのもいい経験になるのではないでしょうか。

ピクニック気分で楽しめるはずです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEでのお問い合わせはこちらから

PAGE TOP